りとるわんだー園芸部

多肉植物初心者による園芸ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新しい購入先

ユーフォルビアの珍しい品種はなかなか購入できない。
輸入にも限度があるようだ。

そして新しい道へ・・・

1210251.jpg
Euphorbia schizacantha  シザカンサ (エチオピア、ソマリア産)
鋭い棘と地模様が綺麗。
ストレスがかかると赤っぽくグロイ色になるらしいが、今年は無事に生かし続けるので精一杯。

1210252.jpg
この株はタイから来た。

1210253.jpg
Euphorbia supressa  スプレッサ (南アフリカ)
小型のタコモノ。
この株で直径4センチほど。

1210254.jpg
この株はアメリカから。
植え付けただけでホコリだらけだけど、水をかければもっと綺麗なはず。
小型のまま姿を保ちたいので辛めの栽培をする予定(は未定)

スプレッサはもう一株来る予定なので将来は実生したい。



スポンサーサイト
[ 2012/10/25 12:03 ] 購入品 | TB(0) | CM(0)

秋の方が咲くの?

涼しくなってきてガガイモがやる気を出している。
夏に生長するのだと思って栽培していたが、蒸し暑いのは苦手なようだ。
朝日のみ当たる場所において、水を多めにしたら秋になって一気に咲いた。

1210182.jpg
Stapelianthus pilosus スタペリアンサス・ピロサス
柔らかい棘というか髭というか包まれて花がない時期も特徴があるので目立つ存在。

1210183.jpg
Huernia pillansii フェルニア・ピランシー 阿修羅
夏の間にどんどん子吹きしていた。
花は少し地味だが、寒い時期の赤く染まった枝が綺麗。

1210184.jpg

1210185.jpg
Piaranthus punctatus  ピアランサス・プンクターツス
不明種で栽培していたのだがガガイモマスターに見ていただいた。
やる気満々で満開を待ちたかったが、見切り発車。

ガガイモは雑種も多いらしく札が付いていても違う場合もあるとのこと。
よく分からずに入手しているので仕方がないが、あまりこだわらずに
花を見られる栽培を心がけたい。
採光と灌水の程度が難しい。

最近入手したのが
1210186.jpg
Huernia hystrix フェルニア・ヒストリクス 点美閣

なぜ指が写っているかというと、鉢からはみ出して動かす度に枝が折れて落下してしまううえに
下向きに咲いているところを撮影するより枝を持って写すほうが楽だから。
これだけのために枝が5本くらいもげた。
[ 2012/10/18 16:42 ] ガガイモ | TB(0) | CM(4)

カスタネット

9月の末に輸入したなかでも一番反響があった(Twitter調べ)サボテン。
ユーフォルビアの栽培方法が書いてあるサイトで見て、欲しかったのだが
他人が輸入するまで何回も購入したことがあるショップにあると気がつかなかった。

3本輸入したらタイプ違いが来たというのを聞いて私も3本注文。

1210134.jpg
Eulychnia castanea varispiralis ユーリキニア・カスタネア・スピラリス 

ユーリキニアという柱サボテンのモンストなのだが、そのモンストにも何種類かあるらしい。
これはディスクタイプで丸いだるま落としのような感じ、そして隙間から棘が出ている。

1210131.jpg

これも似たようなタイプだが裏面の輪が途切れている。

1210132.jpg

これはディスクにならないモンストタイプ。
他にも石化タイプがあるようだが今回はこの3本が届いた。

スパイラルタイプというのもあるらしいのだが、今度はそれが欲しいな。

栽培はそれほど大変ではないらしいが、初心者なので栽培が簡単といえど落ちる可能性大である。
落ちる前にご紹介しておきたくて載せてしまった。
[ 2012/10/13 16:53 ] サボテン | TB(0) | CM(6)

亀甲竜開花

我が家の亀甲竜は3鉢とも元気に蔓を伸ばしている。
先日某所で見事に腐った株を見たばかりなので少しびびっているが
今から心配しても仕方がない、腐るときは腐るのだ。

その亀甲竜だが雌雄別株らしいというのを知ったのは最近だ。
それも雄株が20倍多いとのこと。
昨年は花らしいのを見たことがないのでかなり年数が経たないと
咲かないのだろうと思っていた。

1210113.jpg
Dioscorea elephantipes

どうです?
これは蕾ですよね?

蔓を誘引しているときに気がついたのだが、どうも咲く気らしい。
数日後

1210114.jpg
これまた地味な花が咲いた。
そしてやはり雄花だった。
種を取るという野望は潰えたようだ。


[ 2012/10/11 12:22 ] ディオスコレア | TB(0) | CM(0)

Monadenium echinulatum 開花

先日載せたモナデニウムのなかの一種が開花した。

1210111.jpg
Monadenium echinulatum Tanzania, Dodoma Prov. モナデニウム エキヌラツム

先の方のもじゃもじゃしたのが下向きに咲く地味な花。

1210112.jpg

アップにしても地味なモノは地味。
地味と言うよりキモイ。

他の二種は咲く気配無し。


[ 2012/10/11 12:12 ] モナデニウム | TB(0) | CM(2)

古城開花

導入も遅かったので開花しないと思っていた今年のサードアップデートで輸入した古城。
嬉しいことに蕾が見え始めたのが10日ほど前だった。
小さい突起から蕾の形を取り始め、落ちないでくれ!と念じていた。

1210071.jpg
開花4日前

毎日今か今かと観察していたが、昨日先端に切れ目が入ったようになっていた。
そして今朝待望の開花。

1210073.jpg
Pterodiscus speciosus  古城

1210072.jpg

咲いた咲いたと喜んでいたら、輸入した年は咲いたが次年は咲かないというツイが。
枯らさないことを第一目標にしているが、せっかくなので毎年花は見たいと思う。
それにはどうするのが良いか?
素性も知らずに購入したので肥培しようかとも思うが、肥培に耐えるのかどうかも
よく分からない。
少し調べてみよう。
[ 2012/10/07 10:34 ] コーデックス | TB(0) | CM(2)

秋のアロエ

10月とはいえ日中は気温も高く夏の終わりという感じ。
朝顔のカーテンは台風で見事に破壊され、ツメレンゲも鉢ごと落下。
もう一回台風に襲われたらと思うと少し憂鬱だ。

1210021.jpg
Aloe peglerae ペグレラエ
もう少し水を控えると丸まって格好良いのだが、雨ざらしコーナーなので
開いてしまっている。
とげとげしいのが良い。

1210023.jpg
交配種。
すごい札が見えているがこんな値段では買っていないのでご安心を。
白点がつながってしまうほど。
小吹も良さそうなのであっという間に群生株かも。

1210024.jpg
これもよく分からない交配種。
似たようなのがたくさんあるがどれもラベルがないのでよく分からない。
アロエは気に入れば購入する感じなので品種不明が多い。

1210022.jpg
千代田の光
千代田錦の斑入り。
某園で地植えになっていたのを抜いていただき購入。
斑が派手なので心配したが、今のところ元気にしている。
殖やしたいがまだまだ子吹きの気配はない。

1210025.jpg
Aloe marlothii 鬼切丸
二和園で真っ赤っかのこ苗を購入して、弱光で育てたらあっという間に緑になった。
普通に育てると葉は回旋するらしいが出来るだけこのままにしたいので
鉢をゆるめず2号鉢のままいくつもり。

昨年アロエを屋外で越冬させてかなりの数昇天させたので、今年は室内で!

木立アロエとは違うのよね。
[ 2012/10/02 16:34 ] アロエ | TB(0) | CM(0)
プロフィール
2011年夏に突然多肉植物栽培を始めた初心者。今一番気に入っているのはユーフォルビア。

りとるわんだー

Author:りとるわんだー
FC2ブログへようこそ!

間違いや思い違いのご指摘大歓迎!
最新トラックバック
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。