りとるわんだー園芸部

多肉植物初心者による園芸ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ポリフィラ

多肉趣味も三年目にもなると好き嫌いがはっきりして来るというか
手をかけなくなったりするモノも出てきた。
ユーフォルビアは好きなので見付ければ手に入れたいと思うし
実生繁殖もしてみたい。
そんななかアロエもなにげにお気に入りなのだ。

一昨年になるがポリフィラを購入して一週間もしないうちに溶かしたのは
自分なりにショックだった。
今思うと夏、枯れ葉をむしり取って植え直したのが良くなかった。

その後手頃な株を2本購入した。

1401301.jpg
Aloe polyphylla  ポリフィラ
7号素焼き鉢に軽石、硬質鹿沼、ピートモスを適当に混ぜた用土で植えてある。
南側の軒下で夏も冬も週に一度は水をやっているが最近葉先が枯れてきたので
植え替えてみたいが面倒でサボっている。

1401302.jpg
これもポリフィラとして購入。
ノギの感じや葉幅などずいぶん違う。
用土は同じだがちょうど良い鉢がなかったので5号ほどの土鉢植え。
ハウス内でジャバジャバ水をやっているが夏は外で管理するつもり。

そして昨年実生にもチャレンジしたがことごとく失敗。
今年も再チャレンジしている。

シルバーシードから取り寄せた種子をピートバンというサカタから出ている種蒔き培地に蒔き、
双葉が開いた頃に移植している。
1401305.jpg

根のモグリも良いし、殺菌の必要もなく100粒くらいならちょうど良かった。
1401303.jpg
2013/10/12種蒔き
用土の色目が違うのは適当に混ぜるので配合が違っているため。

育ちが良い苗は葉が5枚までふえている。
1401304.jpg

トレイで4つ、約50本育っている。
このうち何割が無事育つか判らないが地植えしたり、尺以上の鉢に植えたり
色々試してみたいので頑張る。 (アロエが

スポンサーサイト
[ 2014/01/30 10:48 ] アロエ | TB(0) | CM(0)

オイデス

~オイデスというのは~のようなということらしい。
今日はアロエのハオルチオイデス。
ハオルチアのようなアロエということ。
確かに草系のハオルチアのように葉が柔らかくて
トゲトゲしたイメージのアロエとは一線を画す。

1401234.jpg
Aloe haworthioides マダガスカル産

1401233.jpg
花は普通のアロエと同じ橙色。
小さな花が長い花茎につく。

もう一つあるハオルチオイデス。
1401231.jpg
少し管理が甘いので葉の長さが長い。
大きな違いとしてこれは黄花。

1401232.jpg
黄花はとうに咲いていたのだが普通花の方が咲かず比べられなかった。
特別観賞価値のある花でもないが、同時に咲けば面白いかな。


[ 2014/01/23 12:04 ] アロエ | TB(0) | CM(2)

ギムノカリキオイデス

ユーフォルビアは一つの花につき3粒しか種がつかなかったり
雄雌異株のが多かったりで種子の値段もそれなりする。
その上購入した種は鮮度の問題なのか発芽率がよろしくないことが多い。
自家産の種を播きたいのだが開花時期がそろわなかったり、
熟してはじけ飛んでしまったりなかなか難しい。

そんな中ギムノカリキオイデスの実生をしてみたくなり、親株を少し買った。
種子親には接ぎ木で良いし、実根より安いので助かる。

1401181.jpg

1401182.jpg
Euphorbia gymnocalycioides  ギムノカリキオイデス エチオピア産

種子親用ではなく実根もあるが種をつけるのは台付きの苗で。
1401184.jpg

1401183.jpg
おまけにモンスト。
これは花が咲かないだろうからこのまま維持できれば十分。
見た目もそれほど良くない。

ある日花はまだかと見ていたら、色のおかしな株が見つかった。
1401186.jpg
薄緑色の部位があり、最初は病気かと思った。

1401185.jpg
斑のようだ。

後日ある人に見て頂き、これは斑ですかとお聞きした。
答えは斑でしょ!
いつから持っているか聞かれ一年と答えたらもっと良く見とけと叱られた。
(多少脚色はある)

ギムノの斑は以前見たことがあるがまさか普通に輸入した株に出るとは。
ベテランは生長点をつぶして子吹きさせるのだろうが、私には無理なので静観するのみ。

[ 2014/01/18 11:03 ] ユーフォルビア | TB(0) | CM(2)

亀の個性

植物ブログのかくかく詐欺を解消しようといているのだが
写真を撮る暇がない、というか撮る気がないので手近なネタで済ます。

職場で3本の亀甲竜を管理しつつ、実生もしている。
1401171.jpg
Dioscorea elephantipes 亀甲竜

1401172.jpg

1401173.jpg

1401174.jpg

昨年より少し辛めの用土にしてみたら芋の太りが悪い。
水はけが良いのは基本だがもう少しリッチにしないといけないかも。
今年はハウスにスペースがあるので地植えしてみるつもりだが、地植えの欠点は
身近に楽しめないこと(かがむのが辛い)

一昨年、昨年と2年連続で種も播いてみたがすぐに芋がふくらんでくるのが判って
楽しい実生だと思う。


矢印の先に見えるのが実生3ヶ月の芋。

他に3種類のdioscoreaを蒔いたがいずれも発芽率3~50%と調子が良かった。
一年生には個性がないが三年生くらいになれば個性が出てくると思う。

[ 2014/01/17 10:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

連チャン その2

成人の日、毎年のように冷たい雨または雪に見舞われ、振り袖を汚したくない一心で
裾をまくり上げて歩くお嬢様方を観る日。
このように定義されてもおかしくないくらい天気が悪いイメージがあるが
今年は気温は低いながら良く晴れた。

そしてお友達二人と(相手は友達と思っていない可能性有り)某温室へ。
そこはハオルチアの子苗がズラーーーーッと並べられていてどれもこれも
素晴らしい出来で、この寒い時期でもプクプクだった。

栽培とくに栄養繁殖について丁寧に教えて頂き感謝感謝である。
日照をとても大事にされていて、ハウスのビニールは毎年貼り替えているそうだ。

それでは購入品。
1401141.jpg
ハオルチア バディア 白鳳

1401142.jpg
ハオルチア バディア デーライト
 
1401143.jpg
ハオルチア スプレンデンス LOVE

1401144.jpg
ハオルチア スプレンデンス ボブケント0019

1401145.jpg
ハオルチア ピクタ錦 HM-1

1401146.jpg
ハオルチア スプレンデンス 関白

すべてとても小さい苗だが大事に大きくしていきたい。
バディアが2種あるのは同行者がバディア好きだったことが大きい。

大事を取ってすべて職場に持ってきた。
甘やかして冬越しさせる。
[ 2014/01/14 12:31 ] 購入品 | TB(0) | CM(0)

連チャン その1

国際多肉の新年大会に午後から参加して有意義なおしゃべりをした。
入手品はイネルミスとアロエ。
毎回イベントの度に思うのだが、午前中参加できなければ珍しいものを
手に入れる機会はほぼ無い。
イネルミスは日頃お世話になっている方が自分用に購入したものを
購入金額で譲ってくれた。
その方曰く、芋の一番大きいのだそうだ。

1401147.jpg
Euphorbia inermis 九頭竜

根が太るものと太らないものに同じ名前をつけているのはどうしてなのかよく分からない。

1401148.jpg
Aloe クリスマスキャロル 

赤っぽいアロエが欲しかったので某弁慶さんとおそろい苗を購入。

それからユーフォルビアの花キリン系を3鉢お預かりした。
どうもありがとうございます。



[ 2014/01/14 12:07 ] 購入品 | TB(0) | CM(2)

ISIJ 新年大会 とは関係無し

今日は国際多肉植物協会の新年大会だ。
仕事の関係で午後からの参加になるが参加前に違うことでお茶を濁す。

1401121.jpg
Euphorbia crispa 波濤キリン ケープ州産

ユーフォルビアの中では珍しい冬型なので今が成長期。
昨年のゾチカでリリースされた中の一つを秋の雨に当ててしまい落としたのが痛い。

1401122.jpg
職場で育てている株。
単頭でいさぎよい。

1401123.jpg

1401124.jpg
花は小さく地味。
交配してもここまで育てるのは大変そうなのでスルー。

[ 2014/01/12 10:37 ] ユーフォルビア | TB(0) | CM(0)

葦サボ

モンキーテールの花が咲いた。
葦サボの中でも花が立派のような・・

室内で管理しているため日当たりがいまいちなのか花数は少ない。

1401091.jpg
Rhipsalis pilocarpa モンキーテール

1401092.jpg

1401093.jpg

着生する種らしいので気が向くと霧吹きしている。
温度もそれほど必要としないようなので育て方としては小型着生蘭に似ている。


[ 2014/01/09 11:22 ] サボテン | TB(0) | CM(0)

ハウス

栽培環境について少し書いておくことにしよう。
今までは西向きに開けた通路(屋根有り、南向きの無加温室内、
南向きのベランダ、職場の南向き室内(最低気温7度までしか下がらない)
などに分散して管理していた。
しかし置き場所不足(植物ふやしすぎ)は如何ともしがたく、
ハウスを自宅から100メートルほどの所に建てることにした。

ハウスに関してはすべてグランカクタスの佐藤氏、ユーフォルビア仲間のO氏にお願いした。

大きさは間口3間、奥行き4間の12坪。
北側に出入り口、左右に棚、中央に温床、南側に将来の地植えコーナー1坪。


1401081.jpg
入って左側(東)にベンケイソウ、寒さに強いユーフォルビアのタコモノなど。
棚下に見えるのは予備の鉢入れに使っている衣装ケース。
暖房用のYK-2。ビニールは2重になっている。

1401082.jpg
右側(西)にはハオルチア、奥の南にはアロエを並べた。
まだ整理が出来ず段ボールなどが散乱している。
左に見える棚が二坪の温床棚。
買い置きの灯油3本(笑)

1401083.jpg
ハオコーナー。
棚下には遮光ネットのあまりとか色々突っ込んでいる。

1401084.jpg
ハウス中央の温床
寒さに弱いユーフォルビア、アデニア、ガガイモなど。

全体的にとりあえず突っ込んだ感があるが、そのうち何とかするつもり。
照明も設置しなくてはならないが面倒で延び延びになっている。

あとは換気扇を設置すれば(←他人が)できあがり。

こんな感じだが、なによりきちんと栽培出来るようになりたい!
[ 2014/01/08 11:08 ] 栽培 | TB(0) | CM(6)

明けましておめでとうございます

すっかりブログをサボりお叱りを受けている。
特別体調が悪いとか多肉植物栽培を辞めたわけではなく
ただ単に気分の問題でブログ更新をしなかった。

少し言い訳じみたことを言わせてもらうと、栽培環境が大きく変わった。
昨冬、強風でビニール囲いごと棚が倒れ、テラス方式に屋根をかけた。
しかし栽培面積が拡がったわけでもないので夏、冬の移動が大変。


そんなときにハウス建設の気運が高まり、建てました。

やっと植物の移動もあらかた終わり植物の植え替えも始めたが
ハウスの完成までは何もする気にならず、水やりのみの放置状態。
植え替えれば鉢数が増えるか、号数がアップすると思うとできなかった。


ところで昨年あたりから種を播くおもしろさを知り少しずつではあるが
苗も育ってきている。
その中から思い切り期待を裏切り、エケベリアをご紹介。

1401062.jpg
ECHEVERIA cante ,Fresnillo  2013/3/31播種

たくさん生えてきたような覚えがあるが残ったのは3本。
かなり成長に差がつきまだマッチの先ほどのもある。(通じるか若人?
その中で唯一カンテらしく大きく育っているのがこれ。
1401061.jpg
ECHEVERIA cante ,Fresnillo 2013/3/31播種

9ヶ月ですでに3.5号からはみ出て直径12センチ。
近いうちにもっと大きな鉢に植え替えて巨大化を目指したい。

エケベリアの実生・・・面白いかも。
[ 2014/01/06 09:56 ] エケベリア | TB(0) | CM(2)
プロフィール
2011年夏に突然多肉植物栽培を始めた初心者。今一番気に入っているのはユーフォルビア。

りとるわんだー

Author:りとるわんだー
FC2ブログへようこそ!

間違いや思い違いのご指摘大歓迎!
最新トラックバック
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。